ステップメールでのメール配信の注意点

ステップメールを活用すれば、効果的に宣伝することができ、最後のセールスで商品やサービスを購入してくれる可能性が高くなります。そのためにも、各メールの内容が重要になり、また、送信の順番も考えなければなりません。顧客の感情が少しずつ高ぶり、次のメールが待ちきれない状態になるのが理想的であり、高額であったとしても購入してくれるでしょう。ここで注意しなければならないことは、メール文章の言葉選びになります。使う言葉によって受ける印象が変わり、感情の起伏が変化してしまいます。実際にメール配信する前にテストをし、どの言葉を使うべきなのか、感情がどう変化するのかを分析し、その結果をもとに送信すると良いでしょう。また、誤字脱字もNGなので、作成した文章を見直すことが大切です。

顧客の感情を高ぶらせる言葉を組み込む

メール配信する際、顧客のことを第一に考えなければなりません。何度も同じことを宣伝しても、ただの押し売り状態になるため、メールを拒否されてしまう可能性があります。だから、特別な案内とし、さらに詳細を明かさないでステップメールの配信をスタートしましょう。少しずつ詳細を明かしていき、その先が気になるようにすることが大切です。後は、『あなただけに特別な情報』や『メルマガ登録者限定情報』、『新サービスの予告』などと書いておき、メールを受け取る喜びを与えると良いでしょう。大切な要素は、特別感、限定性、新しさの3つなので、これを入れておくと効果的です。メールに価値が生まれ、早く詳細を知りたい状態にすることができます。注意として、この3つの要素を同時に送るのではなく、複数のメールに振り分けることが大切です。

送信するタイミングやケアレスミスに気を使う

ステップメールにおいて最も注意しなければならないことは、メールに対して冷めてしまうことです。送信するタイミングやケアレスミスがあると、それが気になってしまい、高ぶっていた感情が冷めてしまい、読まなくなる可能性が高くなります。だから、メール配信のタイミングと誤字脱字等のケアレスミスを見直す必要があります。まず、メール配信のタイミングで、対象となっている顧客の日常生活を考えなければなりません。いつ、どのタイミングでスマートフォンまたは携帯電話を触るのかを考え、そのタイミングに送信することが必要です。これによって読まれる可能性が高くなり、捨てられることがなくなるでしょう。そして、作成したメール内容を見直し、流れに一貫性があるか、誤字脱字はないか、表現でのミスはないか等をチェックしましょう。